販売店業者の皆様へ工房「空とぶくじら」のホームページ
 
 サイトナビ:
 ホーム> 工房「空とぶくじら」のホームページ



☆ 僕が厚手の堅木のカットに自信が持てるのも
「魔法のノコ刃」と「サム60」のおかげです。



僕が好んで使用してるノコ刃は梶原糸鋸製作所さんのノコ刃の中でも
「デラックス細1〜4号」シリーズが多いです。(メインは細3号です。)
(ちなみに他のメーカーは一切使ってません。)
アサリが無いので切り口がとても綺麗に切れます。
(ちょっと技術が必要ですが)
厚手の堅木(28ミリから37ミリのブナ、ケヤキ。ミズキ)を使用することが多ので
とても嬉しい鋸刃。です。
現在の僕のメインの仕事になってる「赤ちゃんパズル」等の文字の出し入れも
28ミリから35ミリぐらいの堅木で作ってますが
どちらからでも出し入れがスムーズに出来ます・
そしてそれが楽に出来るのはもう一つの大事なもの「糸鋸機」のおかげです。
それが「サム60」です。
厚手の木はどうしても焦げやすいです。
焦げなく切るには急がず手と板のコントロールが難しいですが
僕の「サム60」はスピードコントロールができるタイプなので
厚手のものはスピードを遅くしてカットすると焦げる事なく切りやすいのです。
(ちょっとコントロールが必要ですが)
力学的に?回転が遅い方ががあるので焦げにくいのです。

リンク
http://www.eonet.ne.jp/~itonoko
このアドレスをクリックすると「梶原糸鋸刃製作所」さんのHPになります。
☆ 魔法のノコ刃を作ってるのは「梶原糸鋸刃製作所」さんです。 
〒676−0801  兵庫県高砂市米田町米田新8−38
п@ 079−432−1410 FAX 079−432−6496




「糸鋸機の紹介コーナー」
   ○  言わずと知れた糸鋸の旭工機、僕たち組み木をやる人達は糸鋸と言えば
      「旭工機」これしか知りません。
      僕の持ってる「スクローラ1000」そして言わずと知れた、
       僕の愛機、名機「サム60」の製造メーカーです。
      世界で最高の「スクローラ」を使ってる方でも「きっといつかは「サム60」ですよ。
      「魔法のノコ刃」とのコラボなら40ミリのケヤキ材をツルツルに切るのも可能です。
      必ずや「糸鋸」の世界観が変わりますよ。。。。。。
「リンク」










戻る
戻る


Copyright (C) 1989- 工房 空とぶくじら All Rights Reserved